忍者ブログ
  • 2018.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/08/16 09:41 】 |
THIS IS IT
ここのところ
映画館によく足を運んでいるが
昨日はマイケル・ジャクソンの
「THIS IS IT」を観てきた。
www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/

MJの代表曲は知っているが
熱烈なファンというわけではなかった。

ただ今回の映画の予告編が初めて流れたとき
これは絶対に観たいと思った。
その色彩感覚と
目が点になるような
ダンサーのアクロバティックなパフォーマンス
にKOされたからだ。


ドキドキするなか
幕はじらすように開いた。


音・演出の細部まで完全にイメージがあり
周りに的確に指示出しするMJ。

それを表現するために集まった
各分野で最高峰のプロたち。

MJの代名詞のひとつだと思う
ショートフィルム。
今回のライヴに向けて用意された映像は
最新技術がふんだんに使われており
感嘆の声をあげずにいられない。

予告編でオレの目が点になった
ダンサーのパフォーマンス。
まるで弾丸のような勢いで
ステージから飛び出さんばかりに
フロアと平行に飛び着地。
人間てあんなことできるのか。

ステージにいる全員の
一挙手一投足が
いちいちカッコイイ。

「Billie Jean」が終わったときには
抑えきれなくなったオレの近くのファンは
拍手喝采だった。


THIS IS ENTERTAINMENT。

観客を日常から連れ去り
未知の領域へ誘うべくMJの挑戦。

MJが最後のツアーでやろうとしたとんでもない挑戦が
生で届くことはなかったが
奇跡的に完成したこの映像。

リハーサル・メイキング映像ではあるが
大画面で観るそれはもうライヴそのものだから
映画館で観てほしい。

いや、せめて映画館で観てほしい。

MJが届けたかったことは心に届くはずだ。


このMJの幻の冒険に携わった
すべての人々に敬意を表します。
PR
【2009/11/05 11:46 】 | 妄想 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<メディア初登場!ダーッ! | ホーム | アンヴィル>>
有り難いご意見
私も観ました!
同じくMJファンじゃないのに感激したよー!
【2009/11/09 01:15】| URL | 松本由歌子 #4fa969cbc4 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]