忍者ブログ
  • 2018.04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/05/23 07:58 】 |
5.4(第35回)
ニコ生にはまっている。

もともとプロレスが好きなのもあり全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルを毎回観ている。

チャンピオン・カーニバルといえば「春の祭典」。

全日本プロレスにとって最大級の興行、のはず、なのである。

たとえば馬場さんの出身地である新潟だと会場は大盛り上がり。

しかし、会場によっては客足も悪くあまり盛り上がっていない。

新日本から参戦している永田の試合が終わったら会場を後にする客多発、って土地もあった。

現状、プロレス業界も大変厳しい時代である。

したがって当たり前の状況といえるのかもしれない。

しかしながら、である。

どんなに閑古鳥が鳴いている場合でも、選手のパフォーマンスが低くなってはいけないのではないか?

明らかに、である。

大盛り上がりの会場と閑古鳥が鳴いている会場とでは選手のパフォーマンスの質が違うのである。

確かに客の反応による相乗効果で会場一体がとんでもない熱気を帯びることはある。

しかし、プロでお金をとって興行しているのであれば、わずかしかいない客にも変わらぬ熱いパフォーマンスをみせるべきだろう。

もちろん人間だから気持ちに左右されるだろうが、ある一定のレベルは超えたパフォーマンスをするべきだろう。

ちょっとガッカリした。

正直、永田と他の選手との差があり過ぎる。

毎回確実に楽しませてくれるのは渕しかいないかもしれない。


と、プロレスを観ながら自分に置き換えたりしつつあれこれ考えるのである。
PR
【2012/05/05 12:10 】 | 妄想 | 有り難いご意見(0)
<<5.5(第35回) | ホーム | 5.3(第35回)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]